みのりの秋 やちむんに恋して @uraraka

・みのりの秋

お米屋さんには新米も並びはじめ、我が家も先日 千葉のふさおとめで新米をスタートしました。いつもお世話になっている半田屋さん @handaya.comeで7分づきにしてもらいました。

やっぱり新米は美味しい。

炊きたてご飯 それだけでご馳走ですね。

.

果物に根菜類、なんとなく深みのある食卓へと移ってゆく秋。やっぱりやちむんが恋しくなります。

…………………………

「みのりの秋 やちむんに恋して」

秋のやちむん展

9/20(火)よりスタートします。

…………………………

.

先週の月曜日、いつもお世話になっている 馬頭広重美術館に併設してある @jozo_cafeへ。

店主である五月女さんに店休日にお時間を作っていただき、作家さんとの信頼関係によって、沖縄の窯元から直接仕入れた大切な器をじっくり選ばせて頂きました。

今回はひとり 限られた時間ではありましたが 一つ一つ手に取り、大切に持ち帰ってきました。

.

.

読谷山焼 北窯の松田米司さん, 共司さんの力強い器たち。

勢いのある絵付けと使いやすいきれいなフォルム。

「用の美」民藝としての魅力溢れる器たち。

日々の食卓を彩ってくれます。

.

お料理とうつわ。

これにコレ、こっちには…と想像しながら悩む時間も楽しいもの。

やちむんは余白がさみしくならないので、盛り付けもあまり苦労せず、むしろとっても楽しいです。

使えば使うほど、どんどん好きになってゆきます。

他にはない色味や艶、またスッと立ち上がった形は 載せるお料理をあまり限定しません。

汁っけのあるものでも大丈夫。

.

食欲の秋、器も合わせて楽しみたいですね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。